のも丸の日記

本の感想又は日々の出来事にて感じたことを発信していきます。

「自分」とは変えることができる唯一の人間だ

 

お久しぶりです、のも丸です!

 

 

テスト期間であったため、なかなか記事更新できていませんでした。

 

 

テスト結果はまずまず。。。フル単であることを願いつつ、ついに夏休みに突入しました!

 

 

 

さて、今回はグラッサー博士の「選択理論」についてです!

 

 

 

 

 

難しそうなタイトルでございます。

 

 

4000円以上する時点でだいぶためらっていたのですが、僕が尊敬する方が、

 

 

 

絶対にこの本を読むべきだ!!!

 

 

 

と仰っていたので、案ずるが産むが易し!悩んでいるなら買ってしまおう!と決意し購入しました。

 

 

 今回はまじめにまじめに書いていこうかなと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

外的コントロール心理学と選択理論心理学の違い

 

 

選択理論心理学は外的コントロール理論と対になる考え方です。

 

 

外的コントロール心理学は

 

・電話が鳴ると受話器をとる。

LINEの通知が来るとトーク画面を開く。

・赤信号で止まる。

 

 

といった考え方です。

 

 

これに対し、選択理論心理学は

 

 

LINEの通知は情報を提供する目的のためにあるものである。

返信をするためにトーク画面を開かせるものではない。

 

 

という考え方です。

 

 

通知が来るのにトーク画面を開かなかったら通知の目的はなんなの?

 

と考える人がいるかもしれません。

 

 

それは先ほど書いた通り、通知は「情報」を提供するためだけのものであるということです。

 

 

 

実は この2つの考え方は人間関係において非常に重要なんです。

 

 

2つの心理学による人間関係

 

 

あの人に嫌われたから落ち込んでいる。

 

 このような理由で落ち込んだこと、みなさん1度や2度はあるのではないでしょうか。

 

 

 

好きな人や仲のいい人に嫌われたらそりゃ落ち込みますよね、うんうん。

 

 

 

 

ところがどっこい!

 

 

これは外的コントロール心理学による考え方。と言えるんです!

 

 

 

選択理論心理学によると、「あの人に嫌われた」ことはただの情報でしかないのです。

 

 

その情報を認知した上で、どういった行動をするかはその人次第です。

 

 

嫌われたことを知った瞬間はマイナスな感情が湧き出るかもしれません。

 

 

これは人間ですので当たり前です。

 

 

ですがその後何日間も落ち込んでいるようならば外的コントロール心理学の影響を受けているといえます。

 

 

嫌われたから落ち込むという考えは、はるか昔地球が平らであったと考えられていたように当たり前のように感じますが、当たり前ではないということです。

 

選択理論心理学であれば、この嫌われたという情報を受けても落ち込まない選択をすることができるのです!

 

 

こりゃあ素晴らしい考え方だね!

 

 

まあ実際そんな考え方なかなかできないと思うけどね!

 

 

 

 

他人を変えることはできない。

 

 

外的コントロール心理学では、「自分の言動や行動で人を変えることができると」いう考え方もあります。

 

 

立場が同等の人がこれをやってくれ、あれをやってくれと外的コントロール心理学における考え方で指示やお願いをしてきても人はなかなか動いてくれないものです。

 

 

しかし、それをする人は多くいます。

 

 

一般的に当たり前だと考えられているのでこれは普通なことです。 

 

 

実際に僕もこの考え方をしていました。

 

 

どうしてやってくれないのかとストレスが溜まったことは何度かありました。

 

 

人を行動させようとするのではなく!

 

 

その人がなぜやらないのか、やる理由はなんなのかという情報を理解し、自分の選択を変える。

 

 

つまり自分自身を変えることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

バイト先で社員に命令されて行動する。

 

 

なんてことがあると思います。

 

 

これは本人がやりたいからやるわけではなく権力の差があるから行動しているにすぎません。

 

 

対等な立場だったら必ずしもこうはならないです。

 

 

 

 

「7つの習慣」でも「選択理論」でも言われていることで

 

 

他人を変えることはできない。変えることができる唯一の人間は「自分」である。

 

  

人を変えようとするのではなく、自分自身が変わり、周りに影響を与えることで人を行動に移すことができるのです。

 

 

 

 

まとめると!

 

 

「すべての出来事は単なる情報に過ぎず、行動は自分の選択によるもの」ということです。

 

 

 

この考え方を根底に日々良好な人間関係を育んでいきます!👍

 

 

 

 

それでは!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

3日目 信頼できる仲間は超大切 in 『人生が「変わった」3日間』

 

 

 

 

どうも!のも丸です!

 

前回の記事に引き続き、3日目について書いていきます!

 

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

 

 

 

遂にやってきた5分間プレゼン

 

 

 

3日目は人生理念や人生ビジョンを5分間プレゼンするということで、会場について1時間ほどしたら2人1組になり、練習が始まりました。

 

 

 

 

 

2日間を終えて全体的にやる気に満ち溢れており、このチームならなんだってできるぞ!

 

 

 

 

 

という一体感が会場全体に漂っていました。

 

 

 

 

 

 

活き活きとしたメンバーとともに練習スタート!

 

 

 

 

 

 

 

なんてうるさい会場なんだ!

 

 

 

 

 

 

 

みんな声出しすぎだろ!

 

 

 

 

 

と少しワクワクしながら負けじと対抗!

 

 

 

5分間お互いプレゼンしフィードバックをし合い、あっという間に練習タイムの2時間が過ぎました。(3時間だったかな?)

 

 

 

 

 

 

もう何も怖くない。本番で出し切ったるで!

 

 

 

 

 

という今まで経験したことがないような自信に満ち溢れた状態であったことはハッキリと覚えています。

 

 

 

 

 

そして、遂に発表のときがきました!

 

 

 

 

 

 

 

そこで驚いたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

みんな活き活きとプレゼンをしているんです。

 

 

 

 

 

笑顔の人もいれば、涙を流す人もいました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで共通しているのは、

 

 

本気で想いを伝えようとしていること

 

 

です。

 

 

 

 

 

昨日の1分間プレゼンじゃ伝え足りなかったヨ!

 

 

 

 

 

と言わんばかりの熱い想いが込められていました。

 

 

 

 

 

 

表面上の気持ちを伝えているわけじゃない。

 

 

 

ということが一目で分かるプレゼンばかりでした。

 

 

 

 

 

 

こんな最高の環境なのに本気でやらないなんて無理だな!

 

 

 

 

 

 

そう思い、僕も本気で伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

練習を始めたときは5分もプレゼンすることに不安を感じていましたが、終えたときは清々しい気持ちで一杯になっていました。

 

 

 

 

 

あぁ、、こんな気持ちいつぶりだろう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、この3日間を終えた後にどのように過ごしていくか、3日間で感じたチームメンバーの強みの発表

 

 

 

 

 

 

 

などを達成感に満ち溢れた状態でしました。

 

 

myself161期を終えて

 

 

 

f:id:monpucchisnb:20170721162327j:image

 

 全体写真

 

 

 

 f:id:monpucchisnb:20170721162345j:image

 

 

飲み会

 

 

f:id:monpucchisnb:20170721163005j:image

 

 

チーム

 

 

 

 

 

 

 

これらが3日間ともに過ごしたメンバーです。

 

 

 

 

 

年齢は様々

 

 

 

 

学歴も様々

 

 

 

 

住んでいる地域も様々なこのメンバーが

 

 

 

 

 

ⅿyselfを通じて出会うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

3日間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったの3日間ですが、本気で想いを伝えあったこのメンバーとは、これで終わる関係でありたくない。

 

 

 

 

あってはいけない。

 

 

 

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいことにそう思っている人は多かったようで、3日目が終わると翌日からはSNSをシェアし合い、約1週間経った今でもLINEは毎日動いてます!

 

 

 

 

 

 

 

このままずっと動き続け、10年後、20年後も集まる

 

 

 

そうなれたらいいなあ。

 

 

 

 

なんて密かに思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目、2日目の記事を公開したところ、このメンバーからら

 

 

 

 

「読んだよ!😄」

 

 

 

「3日目も楽しみにしてる!🤗」 

 

 

 

などの温かいお言葉をいただきました。

 

 

 

 

わざわざ個人的にLINEをくれる人までいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

書くこと、発信することが好きで始めたブログですが、こう言ってもらえると本当に嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり人との繋がりは大事だな

 

 

 

 

 

 

人は1人では生きていけないというけれど、本当にそうだなんだな。

 

 

 

 

 

周りの人たちのおかげで今の自分があるんだな。

 

 

 

 

 

 

 

と大学3年生夏を目前にして当たり前のことを再確認!

 

 

 

 

 

これからは身近な人をもっともっと大事にしていくぞ!

 

 

 

 

 

人への労力を惜しまないぞ!(時と場合によりますが)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕の人生理念は

 

 

 

 

「プラス思考」

 

 

 

 f:id:monpucchisnb:20170721162908p:image

 

 

「笑顔」

 

 

f:id:monpucchisnb:20170721162740p:image

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

紆余曲折ありましたが、この2つの理念に落ち着きました。

 

 

 

 

 

 

これらを念頭に掲げながら日々邁進していきます!

 

 

 

 

 

 

なので、もし僕と再会したときに全然笑っていなかったら言ってください。

 

 

 

 

 

 

 

「君、顔が笑ってないよ。」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしマイナス思考な発言をしていたら言ってください。

 

 

 

 

 

「君、プラス思考忘れてるよ。」と。

 

 

 

 

 

では、これにて3日間の出来事の感想を終了とします!!!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

こんな文章を最後まで読んでくれているそこのあなたのおかげでこのブログを続けることができています。(やる気的な面で)

 

 

 

 

 

ありがとうございます!!!

 

 

 

今度とも大学生ビギナーブロガー「のも丸」をどうぞよろしくお願い致します٩( ᐛ )و

2日目 勇者現る in『人生が「変わった」3日間』

どうも!

 

のも丸です!

 

 

前回の記事から引き続きmyselfで得たことについて書いていきます!

 

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

 

 

 

1分間人生理念プレゼン

 

 

 

 

1日目で合格者が2名しか出なかったあれです。

 

 

 

 

 

一発で合格するぞ!と意気込んでプレゼンスタート!

 

 

 

 

周りのチームからは合格者が続出。

 

 

 

 

1日目を終えてから真剣に考え、2日目に臨んだようだ。

 

 

 

 

ふむ、昨日よりもパワーアップしてるように見受けられるな。

 

 

 

と感心しつつ焦りを感じる。

 

 

 

 

  

 

かく言う私は理念を変えて、挑戦し、不合格。

 

 

変えて、挑戦し、不合格を繰り返し、チームメンバーからのフィードバックを吸収しながら6回目くらいでようやく合格!!

 

 

 

 

 

気持ちが届いた!心動かせた!

 

 

 

 

f:id:monpucchisnb:20170720135401j:image

 

 

 

 

 

そして安堵すると同時にチームメンバーのプレゼンを聴くぞ!とスイッチを再度オンに切り替え!

 

 

 

全員が合格したチームから他のチームに聴きに行くことができるので、最後まで合格しなかった場合、4人へのプレゼンから33人へのプレゼンへと進化するわけだ!

 

 

 

 

 

いや〜良いんだか悪いんだか人によって捉え方が変わりますねこれは。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いことですなんです!!!

 

 

 

 

 

 

この人たち、みーんな話聴くの超上手いんです!

 

 

何を話しても真剣に聴いてくれるんです!

 

自分が終わったからもうどうでもいい。

 

なんて考え方の人はいなかったです。

 

 

 

 

そして続々と合格者があらわれ、最終的に残ったのは2チームの数名でした。

 

 

その2チームのプレゼンを16人ずつ分かれて傾聴。

 

 

 

 

 

合格をもらっているのに、

 

「まだ本気が出せていない」

 

という理由で再チャレンジする猛者やあと一歩で合格に届かない人が何度もチャレンジしていました。

 

 

 

 

 

 

 

そして!

 

昼休憩の時間が来てしまったため、終了!

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、2人合格できなかった。。。

 

さて、昼ごはん食べようか。

 

 

 

 

 

そんな雰囲気が流れていた

 

 

 

 

 

 

その時!

 

 

ニックネーム「だいきんまん」が全員に向けて言いました。

 

 

 

「おい、お前ら。自分たちが終わればそれでいいのか?

161期というチームで達成してこそ価値があるんじゃないのか?」

 

 

 

*ハッキリと覚えていないので多少修正を加えてあります。

*もう少し丁寧な口調であったような気はします。

 

 

 

 

 

カッコイイ、、、、、惚れましたね。

 

 

 

 

この漫画みたいなセリフ、文字だけで見ると

 

 

なーにかっこつけてんだヨ!

 

 

って思っちゃうかもしれませんが(だいきんまんすみません)

 

 

 

実際その場にいると鳥肌立ちます。

 

 

 

心を見透かされていたようでグサッ!ときました。

 

 

 

合格できず悔しそうな顔をしている2人を横目に昼休憩に入る時、心の底でそう思っていた人は少なからずいたでしょう。

 

 

その人たちの気持ちを彼が代弁してくれたんです。

 

 

 

 

勇者です!

 

 

紛うことなき勇者です!

 

 

 

 

 

その言葉を聞き、全員が活気付きました。

 

 

 

 

そうだ!

 

 

 

 

合格していない仲間がいるのに休むなんておかしい!

 

 

 

休憩を削ってでも全員で合格しよう!

 

 

 

講師の瑞季さん(27歳)に直談判しに行こう!

 

 

 

全員の気持ちが1つになり、お願いしました。

 

 

「もう一度チャンスをください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瑞季さんは真剣な面持ちで言いました。

 

 

 

 

人生は甘くない。

チャンスを逃した者に二度目のチャンスが来ることはない。

 

 

だが、これがプレゼンでよかったな。

 

 

 

一回だけチャンスを与えてやる!!!

 

 

*多少著者の解釈が含まれています。

 

 

 

 

 

そう言い、ラストチャンスをくれました。

 

 

 

 

その後はチームが一丸となり、2人とも一発合格!

 

 

 

 

これがチームで達成するということか。。。。

 

 

 

 

 

 と実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームで達成する

 

 

 

 

チームで達成すること。

 

このことの素晴らしさを身を以て実感しました。

 

全員が全員を認め合い、信頼できる環境でこそ、真価を発揮できるのだと。

 

 

この考え方が共有されたあと、チームの成長速度は凄まじかったです。

 

本当に、凄まじかったです。

 

 

 

 

 

 

 

どんな発言をしても全員が受け止めてくれる

 

 

 

 このような居心地のいい、自分を曝け出すことができる環境が身近にありますか?

 

 

 

 

 

 

参加する前までは自分を出していなかった人たちも、チーム達成を終えたあとは人が変わったようでした。

 

人はみんな、少なからず蓋をして生きているんだと思いました。

 

 

 

自分を本当に曝け出せる環境が増えれば、周りの目を気にして言いたいことが言えない息苦しい状態がなくなるのではないか。

 

 

 

チームで達成する。

 

 

 

最高です!

 

 

昼休憩を終えてからも色々やりましたが、楽しくて楽しくて仕方がありませんでした(^^

 

 

 

そして2日目終了!

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

次の記事は3日目について!

 

 

 

 

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

1日目 他人事感拭えず in『人生が「変わった」3日間』 

はーい!どうも!

 

のも丸です!

 

 

長いと読む気失せる)^o^(

 

 

と貴重な意見を頂いたので、今後は出来るだけ長くならないように書いていきます👍

 

 

出来るだけ。ね( ◠‿◠ )

 

 

 

書きたいことは山のようにありますガッ!!!

 

 

 

 *口調が所々変わる点は予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 さて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「アチーブメント株式会社」の3日間のプログラム

「myself」

に参加してきて、感じたことを嘘偽りなく書いていきます。

 

 

 

3日間まとめて書くと長くなるのでまずは1日目だけ!

 

 

 

このプログラムについて下の記事で詳しく書いています。

 

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

 

 

 

このプログラムは簡単に言うと

 

 

 

 

リーダーシップ力

 

コミュニケーション力

 

ビジョンクリエイト力

 

プレゼンテーション力

 

 

 

を向上させるための学生向けのプログラムです!

 

 

 

 

今回は161期!受講生は34人!

 

講師やアシスタントの方々を全て含めると50〜60人近くの人が携わりました!

 

 

 

 ちなみに

 

 

アチーブメント株式会社は人材教育コンサルティングの会社です。

 

https://achievement.co.jp

 

 

 

ブログって著作権がうんたらかんたらで気をつけることが多いですが、リンク貼ることは問題ないようなので、貼っちゃいます!

 

 

 

 

 

 

 

 参加理由    

 

 

 

 

 

 参加理由は単純明快。

 

現状に満足していないからです。

 

 

 

今までもそのように感じていました。

 

以前に比べると最近は行動力が上昇しました。

 

しかし、中途半端で終わることが大半。

 

人間関係であったり、やりたいことであったり。

 

 

 

心の底から現状維持に満足していないのであれば、中途半端で終わることなんてないはず。

 

 

 

本気で今を変えたいと思っているのならやりたいことを見つけ、それに向かって日々を過ごすはず。

 

 

 

現状維持を変えない選択をし続けてきた結果、自信をなくし始めつつある自分を変えるために

参加したプログラムでした。

 

 

しかし、本気で自分を変えようとしてこなかったため、やはり今回も同様に

 

 

このプログラムに参加して自分を

「変えてやる!」

 

 

という熱い想いではなく、

 

 

このプログラムに参加すれば自分を

「変えられるかも!」

 

 

 

という期待を込めつつ参加していました。

 

 

 

 

 

この受動的な姿勢はプログラム中に何度も後悔を生みました。

 

 

 

1日目  他人事感が拭えなかった日

 

 

 

 

 まず、講師の方から様々な話を受けた後、9つのチームを作ることになりました。

 

 

 

そこで9名のチームリーダーを決めたいので立候補してくれと。

 

 

 

 

うーんリーダーねぇ。。。

 

 

 

やってみたいけどなぁ。

 

 

と思っていると

 

 

 

 

 

 

なんと!34人中31人が立候補

 

 

 

 

ちなみに俺も立候補、、、!

 

 

 

(リーダーになれたらいいな)

 

 

程度の気持ちで立候補し、リーダープレゼン10秒間を終えました。

 

 

 

自分を変えたい想いはあるが、リーダーになりたいと本気で思っているわけではないので、もちろん選ばれず!

 

 

 

 

選ばれた9名は誰もが納得できるような熱い想いが感じられるプレゼンでした。

 

 

たった10秒なのに。

 

 

 

 ふむふむ、この10秒を本気で挑んだ猛者が順当に選ばれておるな。

 

 

 

 

と納得し、同時に自分とは違う次元の人達だと自己完結。

 

 

 

 

立候補に挑戦するだけで緊張していて、選ばれなくて悔しいと感じませんでした。

 

 

 

 

 

こんな凄い人たちがいるのか〜。

 

 

まあ俺的には立候補するだけで頑張ったし、よしよし!

 

ってね!

 

 

 

 

 

その後は、講師の小倉瑞季さん(27歳)が何とも面白い、笑いが絶えないプレゼンをしてくださったり、過去20年間を振り返りをチームで発表したり、自分の人生理念を1分間でチームごとにプレゼンしたり

 

 

 

 

色々とありました。

 

 

 

 

9時から20時の11時間は濃すぎました。

 

 

 

 

言葉に表すことが難しいほど、色々感じた1日でした。

 

 

 

 

最後のチームごと1分間人生理念プレゼンはねー

 

 

きつかった。

 

辛かったねー。

 

 

 

 

 

プレゼンをして、チーム全員が「心動かされたら」立ち上がり合格💮💯になる!

 

 

 

 

のですが、

 

 

 

 

全然心動かされてくれないんですよ!😭😭

 

 

 

 f:id:monpucchisnb:20170720134702p:image

 

 

 

 

 

 

 

だからね、何回も何回もプレゼンするんですよ、想いがこもってないから。

 

 

 

チームみんなが納得するまでやり続けるんですよ。

 

 

 

初日は少ししかやらなかったのですが、合格者は34人中 2人だけ!

 

 

 

翌朝から続きをやるということで、1日目は終了しました。

 

 

 

 

 

これが明日もあるのか。。。

 

 

 

 

高校の体育祭の応援団長ばかりが集まってるような環境。

 

 

 

初めてですよ、ここまで熱い環境は。。

 

f:id:monpucchisnb:20170720102808j:image

 

 

この優秀(に見える)メンバー達とあと2日やっていけるのか。。。

 

 

 この気持ちであと2日間を終えたら、翌日からは今まで通りの日常に戻ってしまうような気がする。

 

 

3日間の思い出として終わっていいのか?

 

 

 

寝るときに色々と、色々と、色々と考えました。

 

 

 

 

そして、一抹の不安を残しつつ、朝日を迎えました☀︎

 

 

 

 

f:id:monpucchisnb:20170720102759j:image

 

 

↓2日目に続く!

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

 

 

ジム筋トレで得られるものは、筋肉だけではない!

 

どうも、のも丸です!

 

 

 

 

7月に入ってから暑いですね~

 

 

海やプールに行きたくなってきますね~。

 

 

行くのなら、筋肉があって逞しい身体がいいですね~。

 

 

 

あ~もっと前から鍛えておけばよかった~。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんてことにならないように!

 

 

 実は

 

 

先手を打っていたんです!

 

 

 

つい最近ジム通い5ヶ月目になったんです!

 

 

 

 

f:id:monpucchisnb:20170704224240j:image

 

 

 

 

 

 

 

ただ5ヶ月過ぎただけじゃなく、ちゃんと通えてるんです。

 

すぐ行かなくなると思ってたのですが、案外継続できてます。

 

 

 

 

筋トレガチ勢からは

 

「ふん、まだまだひよっこだな」

「少し鍛えてるだけで食事調整まではしてないんだろ」

「効率良く筋肥大できていないんだろ」

 

 

 

などの厳しいお言葉をいただくことなるもかもしれません。

 

 

仰る通りです。

 

 

 

 

 

 

傍から見ると大したことはないと思います!

 

 

 

しかし、僕からしたら大したことはあるんです!

 

 

 

今までこれと言って継続してきたものがなかった自分にとって、毎月ジムに約8000円、プロテインに3500円ほど払い、5か月続き、それが成果として表れている(微々たるものですが)

 

 

 

これは僕の人生の中では割とすごいことなんです。

 

 

 

ジムに通うことになったキッカケ

 

 

 

 

あれは今から半年前

 

 

大学2年生の冬

 

 

 

ある人が僕の腹を見て言いました。

 

 

 

「あれ、腹出てね?」

 

 

 

と。

 

 

 

 

f:id:monpucchisnb:20170704233700j:image

 

 実際はこんなに出ていませんでしたけどね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉がジムに通い始めるキッカケとなりました。

 

 

 

 

 

 

中高テニス部に入っていた頃は毎日汗を流していたため、ポヨンポヨンのお腹ではありませんでした。多分。

 

 

筋肉もなかったので、ただ痩せているだけでした。

 

 

 

大学生になり、運動をしないで生活が続き、さらに外食することが増えたため僕のお腹はみるみる成長していきました。

 

 

しかしまったく気にしていなかったわけではありません。

 

 

2年生の5月に腹筋ローラーを購入し、腹を昔の状態に戻すべくコロコロし始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

フローリングを傷つけないようにヨガマットまで買って。

 

 

inFIT ヨガマット ブラック YKB350

inFIT ヨガマット ブラック YKB350

 

 

 

 

 

しかし、モチベーションが高くなかったため、大して追い込むことができず、少しへこんだくらいで夏を迎えました。

 

 

 f:id:monpucchisnb:20170704233818j:image

 

 

そしてこの2つは押入れの奥底に閉ざされました。。

 

 

2年の夏を終え、またまた膨らんでいることを実感しつつも、「体重はたいして増えていないし、まーええやろ」と気にせずに日々を過ごしていました。

 

 

しかし、先ほど書いた「あれ、腹出てね?」

 

 

 

 

この言葉をある日思い出し。

 

 

 

 

自分の腹が出でいることを再度自覚。

 

 

 

ううむ。。

 

 

 

 

この腹でまた夏を迎えるのか。。。

 

 

 

 

 

と、少し考える段階に到達。

 

 

 

 

どうせ鍛えるなら腹筋以外の筋肉もつけたいなぁ・・・

 

 

 

 

 

早速手元のiPhoneで筋トレについて調べ始め、逞しい肉体を手にするにはジムに通うのが手取り早いとのこと!

 

 

 

 

ジムだと重量を変えられるから短期間で筋肥大を起こせるし、様々な器具があるため腹筋以外も鍛えられる。

 

 f:id:monpucchisnb:20170704234129j:image

 

 

 

金はかかるけど、義務感を感じて継続するようになる。

 

 

ということで、筋トレに意欲ある2人と一緒にジム契約。

 

1人じゃやる気が起きないときでも一緒に行くことによって今まで継続することができてます!

 

 

 

 

 

同時にこの本も購入し、モチベーションを上げて取り組むことに成功しました。

 

 

 ジムに通って得たもの

 

 

 

 

 

 

筋肉

 

 

 

当たり前ですね笑

 

 

 

 

 

そんなについたわけではないですが半年前と比べると一目瞭然です。

 

 

 

 

日常生活で力を使う場面では、以前よりも明らかに楽になりました。

 

 

 

満員電車で負けない、すれ違いざまにぶつかっても以前のようには吹っ飛ばされない。

 

気がする。

 

 

 

これは地味に嬉しいことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢

 

 

 

これも地味に嬉しい!

 

 

胸筋や腹筋や背筋を鍛えたことによって背筋がピンとするようになったので、猫背とは無縁の身体になりました!

 

 

健康

 

 

 

食事への気遣いや適度な汗を流すようになったので健康になった気がします。あくまで気ですが、”病は気から”という言葉があるくらいですし本当な気がします。

 

 

 

運動して汗を流すことっていいことなんですよね。代謝がよくなるので健康につながります。

 

 

 

 

毎日の食生活で炭水化物やタンパク質を摂取する意識がつきました。

 

 

 

肉や白米を今まで以上に食べるように!

 

 

 

プロテインを飲むことによってタンパク質摂取はバッチリ!

 

 

 

ビーレジェンド ホエイプロテイン くまモンバージョン 熊本みかん風味 1Kg

ビーレジェンド ホエイプロテイン くまモンバージョン 熊本みかん風味 1Kg

 

 

このメーカーさんのプロテイン、安価な割に美味しくて種類も豊富なんです。

 

ちなみに今はみかんを飲んでいます!

 

 

 

 

タンパク質の摂取量増やすと、爪や髪の伸びるスピードが早くなるんですね。

 

驚き。

 

 

 

 

 

追い込み力

 

 

 

 

今まで何度も現実逃避をしてきた僕の性格は、見事筋トレにも反映。

 

 

意気揚々とジムに向かうも「今日は何㎏を何回何セットやるぞ」といった明確な目標を定めていないかったため、 軽い重量を疲れるまで行うというよくわからない筋トレをしていました。

 

 

 

 

「あと1セットできそうだな」と思っても疲れたから帰るといった、自分に甘い性格がここでも現れてしまいました。

 

 

 

継続してジムに通えてるからいい

 

 

この考え方があったせいで

 

 

 

 

夏までにお腹をへこます。

お腹以外の筋肉もつける

 

 

 

 

 

といった曖昧な当初の目標すら忘れてなんとなくジムに通っていました。

 

 

 

このままではまずいと気づき、スタートである自分の現在の身体の写真とゴールである理想の身体の写真(知らない人です)を見比べ自分に足りない筋肉を鍛えるためにジムに通うようになりました。

 

 

f:id:monpucchisnb:20170704234342j:image

 

 

 

これによりさらにモチベーションアップ!

 

 

 

 

疲れてもう帰ろうと思っても、「ラスト1セット」をできるようになりました。

 

 

自分を追い込むことができるようになってきたのです。

 

 

もちろん以前と比べているだけなので今でも限界まで追い込めているわけではありませんが。。。

 

 

 

 

 

 

継続力

 

 

なんだかんだ5か月ジムに通い続けています。

 

 

 

 

遠い目標を達成するためには通わなくては達成できないので、継続することは当たり前なのですが、実際面倒臭いものです。

 

 

 

 

行かない理由なんて探せばいくらでもでてきますから。

 

 

 

 

行く理由は目標に近づく。

 

 

 

ただ、これだけなんですけどね。

 

 

 

こうなりたいという目標があるからこそなんとか継続できています。

 

 

 

これからも当たり前のように継続していきたいです。

 

 

 

 

総じて自信がついた

 

 

 

自分を追い込めるようになった、継続力がついた、少し逞しい身体になった

 

 

 

など。

 

 

 

始めて数か月、これらはすべて自信に繋がっていることに気が付きました!

 

 

 

ポヨポヨお腹をへこますため、筋肉をつけるために始めたジム筋トレですが、思わぬ副産物を手に入れることが出来ました😁

 

 

 

 

 

 まとめ 

 

 

先ほど載せた本にこんなことが書いてありました。

 

 

筋トレは自分の筋繊維を傷つけることによって「S」になれる。

同時に、自分を追い込むことによって「Ⅿ」にもなれる。

 

 

 

あ?何言ってんだ?

 

 

 

 

 

そう思いますよね。

 

 

 

 

 

何言ってんだとは思いますが、言ってることはわかります。

 

 

 

 

この言葉、少し驚いたので印象に残っんですよね〜。

 

 

 

 

SとⅯを同時に経験するなんて筋トレ以外にありますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘技とかもあるか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあそれは置いといて

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの通り、ジムで筋トレして得られるものは、筋肉だけではないんです。

 

 

SMを同時に経験できることもそうですし、筋肉、健康への意識、満員電車でも負けないフィジカル、追い込み力、継続力、自信などなど。

 

 

案外精神的な面が多いことがわかりました。

 

 

これらの得たことは普段の生活にも繋がっています。

 

 

 

以上が僕がジムに通って得たものでした)^o^(

 

 

 

 

長々と読んでいただき、ありがとうございました。

意外と知らない江戸時代の実情

 

 

 

どうも!

 

 

 

のも丸です!

 

 

 

 

先日、書店をうろついていたところ、

 

 

 

 

この本を発見!

 

 

 

 

 

 

本当はブラックな江戸時代

本当はブラックな江戸時代

 

 

 

 

ブラック。。。

 

 

 

高校では日本史の勉強は大してしてなかったし、大学受験では日本史選択していないから、歴史に関すること全然知らないなぁ。

 

 

 

 

これ読めば歴史がわかるわけじゃない気はするけど

 

 

 

読んでみるか!

 

 

 

 

いうわけで買いました。

 

 

 

 

 

 

・休日は年に二日のみ

 

 

 

はい、早速ブラック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代は11,12歳で奉公に出るのが普通であった。

 

 

今でいうと、小学校卒業にあたる年頃だ。

 

 

奉公先で寝泊まりが当たり前なので、実質24時間労働。それも10年契約。長い。

 

 

最低限の衣食住は保証されていたが、給与はないに等しい程度であった。

 

 

江戸時代は子供は多くいたので、安く労働力を得ることができて雇用者にとっては嬉しいものである。

 

また、今の時代のように十分な食料が確保できず粗末な食事であった江戸時代では、飯を食わせる負担から逃れることができて、親にとっても利点がったようだ。

 

 

 

 

 

うーん、今では考えられない。

うぅーん。

 

  

 

 

親が喜んで子供を他人に預けることも、実質24時間低賃金で労働することも。

 

この時代ではそれが当たり前だったのだろうからどれほど辛いと感じていたのかはわからないが、10年間ほぼ休みなしで思春期を終えるのはいささか辛いものである。

 

 

 

 

 

自分が中学、高校、大学生活を経験していないでずっと働くと考えると。。。

 

 

 

 

うん。

 

 

 

江戸はブラック企業の巣窟であったのだ。

 

 

 

 

 

・吉原の実情

 

 

吉原とは、現在の風俗店のようなもの!名前くらいは聞いたことある人が多いんじゃないですかね。

 

 

実は今の風俗店とは全く違う世界だったようで。

 

 

 

 

どどんっ!

 

  1. 自分の意志関係なしに働かされる!
  2. 死と隣り合わせ!
  3. 上手くいけば超贅沢!

 

 

 

まず、吉原に行く人って親に売られているみたいなんですよね。金がないから娘を売るんです。

 

 

ここでも10年契約は適用され、最初に一括で給与を支払ってくれるらしいんですよ。

 

 

 

そして、その金はすべて親にいく。

 

 

 

つまり娘は親に売られた挙句、一銭もお金もらえないんですよ。いくら働いてもお金もらえないんですよ。

 

 

 

 

 

 

え。最悪じゃないか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いますよね。

 

 

うんうん僕もそう思いましたよ。

 

 

 

しかも当時は避妊・性病予防具がなかったため、ほぼ確実に淋病や梅毒といった性病に罹患したみたいなんです。

 

 

20代で死ぬ遊女がほとんどだったとか。

 

 

10年間も避妊具使わずに不特定多数の男と性行為してたらそりゃそうなりますよね。

 

 

 

 

 

尚更最悪やんけ!!!

 

 

 

 

 

 

 

うんうんうんうんうんうん、そう思いますよね。

 

 

 

 

でも実は良い面もあったようで、

 

 

 

吉原に来るような人はお金持ちが多いため、売れっ子になり常連がつくとお金をもらえるみたいなんですよ。

 

 

給与は0円でもそうして上手く稼いでいたみたいなんです。農作業や果てしない労働をせずにお金がもらえて、贅沢していたらしいんです。

 

 

20代で死ぬとしても誰もが羨むような華やかな生活を送っていた人もいるということで、花魁として吉原で働くことは、当時の環境を鑑みると一概に悪いとは言えないのかもしれませんね。

 

 

あくまで当時の労働環境での話であって、現代では最悪ですけどね笑

 

 

 

 

 

 

 

ただ、売れない人はどういった末路を辿ったんでしょうね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・江戸っ子は風呂に入らない!?

 

f:id:monpucchisnb:20170703162106j:image

 

 

 

 

 

ある本によると江戸っ子は1日4,5回風呂に入ると記載されている。

 

今と違って、家に風呂がないのは当たり前であったため、銭湯に行くのである。

 

1日5回も銭湯と家を往復していたら、それだけで1日の大半を使ってしまうのではないか?

 

 

滝沢馬琴の『馬琴日記』に当時の入浴状況が記されている。

 

それによると銭湯に行ったのは8か月に10回ほどらしい。

 

 

 

つまり、20日に1回である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚っ!!!

 

 

 

7月入って最近めちゃ暑いから20日入らないなんて考えられないよ!

 

 

 

 

その身体で吉原とかに行ってたのか。。。。

 

 

 

 f:id:monpucchisnb:20170703162110j:image

 

 

 

 

老いたら剣術は衰える

 

f:id:monpucchisnb:20170703162150j:image

 

 

 

 

 

時代小説や漫画などでは、よろよろのおじいちゃんがシュパッ!と刀を振り、粗暴な男を倒す

 

 

 

なんてことありますよね。

 

 

実際剣術を身に着けた人は年老いてもその技術は健在であったのか

 

 

というと、実はそうではなかったようでこんな話がある。

 

 

 

 

剣術に優れている80歳近いおじいちゃんが道場を開いていた。

 

そこでは、多くの門弟がおり、師範であるおじいちゃんに教えられながら日々邁進していた。

 

 

 

ある日宴会が開かれ、酔った門弟の一人が

 

 

「実は師範強くないんじゃないの?俺と試合してくださいよぉ!」

 

と調子に乗り始めた。

 

 

門弟の中で一番の腕利きである。

 

 

周り門弟たちは「こいつなめてんな、師範!懲らしめてやってください!」と乗ってきた。

 

 

 

師範は、(やばいやばい、年老いたし勝てるわけない)と思い、「年老いた故、ご勘弁願う」などなんとか避けようとする。

 

 

それでもその流れは変わらず、試合をする流れになってしまったため、師範は渋々了承して、試合に臨んだ。

 

 

門弟たちは師範が勝つ前提でワクワクワクワク。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果はというと

 

 

みなさんお察しの通り

 

 

 

 

 

 

師範は瞬殺されました。

 

 

f:id:monpucchisnb:20170703162817j:image

 

 

木刀なのでもちろん死んだわけではなく、実際は気絶したそうですが。

 

 

 

 

 

 

門弟は唖然としたことでしょう。

 

 

 

年をとると、オリンピック選手ですら中学生に敵わないというのに80歳近い師範が10代、20代の若者に負けるのは当たり前ですよね。

 

 

やっぱりおじいちゃんが強いのは、時代小説や漫画の世界特有なんですね。

 

 

 

・まとめ

 

 

 他にも

 

  • 虐待が多い
  • 町がうんこ臭い
  • 魚すぐに腐る
  • 拷問がきつすぎる
  • 身分制度のせいで生きにくい
  • 人殺しても罪に問われない
  • 警察がポンコツ

 

 

など驚くべき実態がいくつも書いてありました。

 

 

 

いやー、やっぱり今の時代は恵まれているなとつくづく実感。

 

 

住みやすい世の中なんですねえ。

 

 

 普段は読まないジャンルの本を読むことも新しい知識を得られていいですね。

 

面白い!

 

 

 

以上!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!)^o^(

 

 

 

 

更なる高みを目指して「行動」する!まずはプレゼン練習だ!

 

どうも!

 

のも丸です!

 

 

 

前回の記事をFacebookだけでなくTwitterでも発信したところ、アクセス数が5倍以上になりました!

 

 f:id:monpucchisnb:20170628020303p:image

 

身近な人達から「読んだよ!」と言ってもらえて、原動力になり、発信して

よかったなぁ。と感じました!(^^

 

 

 

* 途中丁寧語になったりならなかったりすることが多々ありますが、お気になさらずに読み進めてください。

 

 

monpucchisnb.hatenablog.com

 

 

前回、自分の一度きりの人生でどう生きていきたいか、何によって憶えられたいかを書き、行動力が上がりました。

 

 

今まで以上に人と会っていこう。

身に着けたいスキルを身に着けるために行動しよう。

 

 

そう思えるようになりました。

 

 

 

自分がどう生きたいか、そのために何をしたいかを明確にしていないと、初対面の人と話す際に表面上の関係で終わることが多い気がするんですよね。

 

 

しかし、それらが明確になっていれば、この人はこういう事をしたい人なんだな。

 

 

と印象に残ってもらえます。

 

 

同じような考えを持つ人に会うこともできます。

 

 

 

 今までも頭ではわかってはいたんですが、実際明確になると日々の行動や考え方がここまで変わるとは思っていませんでした。

 

 

 

僕は、影響力のある人として生きたいのですが、以前より明確になり、確実に自信がつきました。

 

 

 

ちなみに、自分に自信をつけるためジムに契約し、筋トレを始め、先週で継続して5か月目!に突入しました!

 

f:id:monpucchisnb:20170628143242j:image

 

 

これも案外自信に繋がっています😁

 

 

筋肉や自信以外にも得たものは多くあるので、今度投稿しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて

 

 

今回は、前の記事の最後に書いたとおり、あるプログラムの説明会に参加してきて感じたことを書いていきます!

 

 

 

このプログラムの講師は前回の記事に書いた方です。

 

 

 

その方は人の心を動かすプレゼンをする、とある企業の27歳男性です。

 

 

以前、セミナーで心動かされたので、プレゼンが始まったときには既にワクワクしてました。

 

今回はどんなプレゼンをしてくれるんだろう。

 

 

 

 

人身事故が起きた時、何を思う?

 

 f:id:monpucchisnb:20170628022230j:image

 

 

皆さんは電車乗りますか?

 

 

 

全く乗らない方は置いといて

 

 

 

乗る方は人身事故により電車が遅延した経験があるんじゃないでしょうか?

 

 f:id:monpucchisnb:20170628022226j:image

 

あれ、困りますよね。

 

 

・最悪

・ふざけんな

・人に迷惑かけるなよ

 

どれほど多くの方がこのような事を思うでしょうか。

 

 

 

実際僕は、時間に間に合わなくなり、そのように思ったことは何度もあります。

 

 

 

ですがこれ、改めて考えてみると人が轢かれて電車が止まっているんですよね。

 

 

人が亡くなって、多くの人が迷惑しているんですよね。

 

 

だーれも得していないですよね。

(もしかしたら得している人がいるのかもしれませんが)

 

 

ストレスが溜まって舌打ちする気持ちはわかります。

 

 

しかし、それは「他人」だからですよね。

 

 

もし身近な人が人身事故で亡くなったらそんなことは出来ない人が多いんじゃないかな。

 

 

日本では、このような現状は日常茶飯事です。

 

 

人身事故をする人や状況を作り出している社会に問題がある。

 

人身事故は一例だが社会には「負」が多くある。

 

今まで多くの問題が解決されてきたが、それでも今もなお残っている「大きな負」がある。

 

まず、このような現状を変えなければならない。

 

そのためには現状を知り、行動に移すような人材を多く育成しなければならない。

 

 

海外の人と比べると日本人は受動的な人が多い。

 

 そうした文化が根付いているからだ。

 

だが、それを変えねば日本は受動的な人間ばかりになり、今後どうなってしまうかは想像に難くない。

 

 

 

 彼は9年間、警察官になるために様々な勉強をし、成績優秀で常にトップを目指して努力してきたらしい。

 

問題を起こした後の対処ではなく、問題を作らないための事前対処が必要だと気付いたとのこと。

 

このような理由から彼は活動しているようだ。

 

このプレゼンもその一環であろう。

 

素晴らしい人だ。

 

人身事故の話を聴き、その考えに大いに賛成できると感じた。

 

 

「分かる」→「行う」へ

 

知る

分かる

行う

出来る

分かち合う

 

 

物事はこの5段階に分かれるらしい。

 

 

自分の過去を振り返ってみると、知る、分かるが多いなぁ。

 

 

勉強は知って分かって、はい、終わり!

 

が多いね。

 

本を読んでも同様かな。

 

小説はともかくビジネス書や自己啓発書だと行わないと意味がないよね。

 

 

 

 

他にも色々とあるけど、特に思うことはプレゼン

 

 

大勢の前でプレゼンをしたら、大きな障壁を乗り越えられそうだけど、なかなか「行う」に移せない。

 

 

行って、出来るようになって、分かち合うことができるようになることが価値なんだって!

 

 

行うはともかく、知る分かるの段階で止まっていると価値がないようで、やはり行動はするべきだなと実感。

 

 

よーし、プレゼン練習するぞ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 突然全員の前で発表、、、

 

プレゼンの必要性を実感した矢先に

 

なんと

 

 

今日は、僕の代わりに自分の生き方、やりたいことなどを1人だけ前で発表してもらいます。

 

その1人は僕が選びます。

 

 

 

 

え???

 

急にそんなこと言われても無理ッス!wwww

 

 

心の中で動揺する。

 

彼のほぼ目の前に座っていたから、前の人のほうが当たるんじゃね?

 

と焦っていた。

 

 

 

 

 

そして誰を指名するのか

 

遂にこの瞬間がやってきた。。。。。

 

 

 

 

高鳴る鼓動

 

 

静寂な空間

 

 

 

 

これらが見事マッチングし、緊張はピークに達していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「嘘で~す、今日はやりませ~ん」

 

 

 

 

 

 

 

 

お???

 

実際はこんな酷い言い方はしていなかったと思うが、僕にはそう聴こえた。

 

 

 

 

なんだ、驚かせやがって。。。。。

 

 

 

 

とホッと一息ついていたのも束の間

 

 

 

 

 

 

 

 

「今、みんな緊張したでしょう。」

 

 

 

 

 

(ドキッッ)

 

 

 

 

なんだこいつ、読心術の使い手か!?

 

 

 

 

と驚愕したことはよく覚えている。

 

 

 

彼によると

 

 

 

この緊張や不安は「成長痛」といい、これを乗り越えることによって人は成長する。

 

成長できるとわかっていても、精神的な負荷が掛かり乗り越えられない。

 

 

この気持ちから逃げていると成長しなくなる。

 

 

 

ここを乗り越えてこの気持ちを繰り返すことによって人は成長するんだ!

 

 

 

と。

 

 

 

 

そういうことか、こいつ、俺たちを試してやがったのか。。。。。

 

 

 

 

 

ありがとう!🙇

 

 

 

この言葉で自分が今までどれほどこの感情、気持ちから逃げていたんだろう。

 

 

今、学生であるうち乗り越えないと、今後確実に後悔するぞ。

 

 

 

 

影響力のある誠実な矢(前回の記事にて)

 

 

 

 

 

なーんて、格好つけたこといってるのにプレゼンから逃げてたら影響与えられるわけねーだろ。。。。

 

 

 

 

と痛感。

 

 

 

確かに筋トレでも負荷大きくしないと筋肉成長しないわ。

 

 

 

 

と実感。

 

 

 

 

 

 

このプログラムで得られる4つの力

 

 

 

随分と長くなってしまいましたが

 

このプログラムでは

 

・ビジョンクリエイト力

・プレゼンテーション力

・コミュニケーション力

・リーダーシップ力

 

 

 

この4つの力が得られるそうです。

 

 

ざっくり言うと

 

人生の設計図を描き、目標を明確にするビジョンクリエイト力

 f:id:monpucchisnb:20170628021921j:image

 

 

 

就活でも社会でも、人生において必要不可欠なプレゼンテーション力

 

f:id:monpucchisnb:20170628021927p:image

 

 

 

 

傾聴力、受容力、質問力、交渉力といった社会で生きる上でまたまた必要不可欠なスキルのコミュニケーション力

 

 

f:id:monpucchisnb:20170628021953j:image

 

 

モチベーションを上げ、チームが目標達成するために必要な圧倒的影響力。

つまりはリーダーシップ力

 

 

f:id:monpucchisnb:20170628021958j:image

 

 

 

 

 

これらが大事であることは誰でも「分かる」と思いますが、先ほど述べた通り

 

 

「分かる」の段階から「行う」の段階に進むことが重要。

 

 

 

「分かる」止まりじゃ価値がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなん参加するしかないやんけ!!!

 

 

 

30000円+消費税?

 

ヤスイヤスイ

 

カードで一括だ!

 

自己投資だ!

 

何かに取り憑かれたように支払いを済ませる自分。

 

ついでにその企業の社長が出してる本もその場で買っちゃった。

 

でも、これは浪費ではない!投資だ!自己投資だ!

 

これらのスキルは今後確実に必要不可欠になる。

 

AIが発展している昨今、主体性、行動力のない自分が今後生きていけるのだろうか、いやいけないだろう。と考えると安い安い。

 

しかも行動力のある学生が数十人参加するわけだから、得るものが多いプログラムであることは既に確信している。

 

 

 

 最後に

 

 

 

と、いうわけで3日間このプログラムに参加して参ります!

 

プレゼンを何度もするんだとか!

 

 

 

 

 

自分でもよくわかっていないが、今はまだ説明会の段階だからか企業名やプログラム名は出していない。

 

しかし、このプログラムに参加した後に記事を書くときは人間として成長しているはずだ。

 

感謝の気持ちを込めつつ、すべてオープンにして書こうと思う。

 

 

再度言うが、なぜ伏せているのかは自分でもよくわかっていない。

 

 

 

 

 

大変長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました😄